アズレージョな毎日

ポルトガル・リスボンから、移住、観光、食、人、文化などについて発信します

【リスボン】経済活動再開から2週間経過した街の様子・・・

f:id:realtabimosotabi:20200518042108j:plain

ボン・ディーア!

 

ポルトガルが5月4日から経済活動を再開して、2週間が経ちました。ここ1週間の感染者数の増加は1日200人前後。毎日約1万5,000の検査件数を考慮すると陽性者数の割合は少なく、状況は安定しているとのことです。もちろん、引き続き、マスク着用や手洗い、ソーシャル・ディスタンシングなどの注意喚起がされています。

 

今日からはいよいよ第2段階へ入り、飲食店、400m2までの店舗、美術館などが再開します。しかし、私たちが足繁く通ったローカル・レストランは、再オープンを延期するそう。保健所が定めるさまざまな条件をクリアする必要があるのだろうと想像しています。

 

ポルトガル経済活動再開計画の詳細はこちら(↓) 

www.myeverydayportugal.com

 

 

シアード地区へ行ってみました 

 

3月中旬に外出自粛を始めてからの2か月間、徒歩片道15〜20分のところにしか出かけていませんでした。基本は、スーパー、テイクアウトできるレストラン、パン屋さん、銀行、郵便局など・・・。

 

しかし、日曜日の昨日、良いお天気とジャカランダに誘われてシアード地区へ出かけました。

 

以前は「ロシオ広場(Rossio)」まで歩くこともありましたが、めっきり身体が鈍っているので、数日前まで怖がっていたメトロに乗ることにしました。

 

最寄りの駅のホームには片側に3〜4人ずつしかいませんでしたが、電車には結構乗っていました。とは言っても、ボックス席に平均2人座って、ドア付近には3〜4人立ってる程度です。

 

現在は、メトロ駅の出入口が一部閉まっているので、以前とは勝手が違います。ロシオ駅で降り、とりあえず、最寄りの改札から外へ出ました。

 

f:id:realtabimosotabi:20200518154024j:plain

2020年5月17日、午後3時前のロシオ駅

 

f:id:realtabimosotabi:20200518165238j:plain

静かです・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20200518154820j:plain

電車が混み合うと、どうしてもソーシャル・ディスタンシングが難しくなりますよね

 

 

ジャカランダが美しい・・・

 

まずはお目当てのジャカランダを見にロシオ広場へ。満開を少しすぎた頃でした。もう少し早くこれば良かったかな・・・。

 

f:id:realtabimosotabi:20200518165157j:plain

ロシオ広場

 

f:id:realtabimosotabi:20200518163230j:plain

ジャカランダ見れました。暑い陽気のせいか、もう緑になってきてる・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20200518154215j:plain

青い空と水の音・・・気分が上がります

 

f:id:realtabimosotabi:20200518164746j:plain

ジャカランダのある風景

 

 

アウグスタ通りからコメルシオ広場へ

 

ロシオ広場からコメルシオ広場へ続くアウグスタ通りを歩いてみました。

 

歩行者天国のこの通りは、平常時なら、レストランのテーブルと椅子が道の真ん中に並べられており、多くの観光客で真っ直ぐ歩くことができないほどです。

 

しかし、昨日は、数えるほどしか人がいませんでした。ローカルの人が多く住むエリアはもう少し賑わっており、観光客がいない今、中心部のレストランやショップの方が打撃が大きいかもしれません。

 

f:id:realtabimosotabi:20200518163334j:plain

アウグスタ通りも静か・・・明日からは再開する店舗が増えるのかな?

 

f:id:realtabimosotabi:20200518154315j:plain

サンタジュスタ付近にもほとんど人影なし

 

f:id:realtabimosotabi:20200518163417j:plain

エッグタルトが人気のマンテイガリアも閉店中。シアード店は明日5月18日から再開するそうです!

 

f:id:realtabimosotabi:20200518162943j:plain

人気のトラムもガラガラ。本当に必要な人が快適に乗れるのはいいことかも

 

f:id:realtabimosotabi:20200518153829j:plain

人も車もトラムも減りました。トゥクトゥクたちは消えました。みんなどうしてるんだろう・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20200518163612j:plain

こんなに人のいないコメルシオ広場は初めて

 

f:id:realtabimosotabi:20200518163651j:plain

日曜日だから、さらに人がいないんだと思います

 

 

遠回りしてロシオへ戻ります

 

コメルシオ広場からリスボン市庁舎を通り、ロシオ方面へ戻りました。楽しくなってきて、もっと遠くまで歩きたい気持ちもありましたが、体力が落ちているので、急激に動いて身体を壊さないように我慢。

 

それでも、6000歩、4キロ以上歩きました。普段の2〜3倍に相当します。これからは徐々に距離を伸ばして、リスボンの街を探索しようと思います。

 

f:id:realtabimosotabi:20200518163817j:plain

リスボン市庁舎。「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日」なので、七色の旗が掲げられています

 

f:id:realtabimosotabi:20200518164105j:plain

ポルトガル国旗3つ。かっこいいなぁ・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20200518164622j:plain

バイシャ・シアード駅。ここから語学学校へ通ってた日々が懐かしすぎます

 

 

ポルトガル、始まりの場所

 

思い起こせばちょうど4年前、2020年5月、ポルトガルを旅行したことがポルトガル移住の第一歩でした。

 

大学生の頃からずっとずっと気になっていた国。日本からも、カリフォルニアからも遠くて、なかなか訪れることができなったけど、夫が興味を持ってくれたことであっさり旅行が実現。

 

一瞬でポルトガルの魅力に落ちました・・・。リスボンに住んでいる今も、素朴で温かい人たち、おおらかな文化、かわいいポルトガル語、毎日食べても飽きないポルトガル料理、美味しいワイン、美しい自然や歴史など・・・深くて心地よいポルトガル沼にはまっています。

 

f:id:realtabimosotabi:20200518165050j:plain

4年前の初リスボンで泊まったホテル。すべてはここから始まりました!

 

 

2020年5月17日 ロシオ広場&コメルシオ広場の様子(↓)


【リスボン】2020年5月17日 ロシオ広場&コメルシオ広場

 

 

 ポルトガル非常事態宣言中〜経済活動再開まで(↓)

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com