アズレージョな毎日

ポルトガル・リスボンから、移住、観光、食、人、文化などについて発信します

【ポルトガル語】好きな曲の歌詞で勉強する(3)〜Salvador Sobral - Amar Pelos Dois

f:id:realtabimosotabi:20201105045119j:plain

ボア・ノイトゥ!

 

寒い季節になり、外出するのが億劫になりました。ここのところ、ポルトガルでも新規感染者数が増大し、政府が不要な外出を控えるよう要請していることもあります。

 

しかし、私たちは、密を避け、感染対策をしながら、これまでどおり、外食やテイクアウト、ポルトガル製品の購入など、できるかぎり経済活動を続けていきたいと思います。

 

今日、買い物に出かけましたが、街の様子はほとんど変わらず・・・。元気そうな人々の姿を見ると不思議とエネルギーをもらえます・・・。

 

そして、家にいる間は、できるだけポルトガル語の勉強しなくちゃ・・・。毎日のように、オンラインでポルトガル語を話しています。そして、音楽を聴いたり、映像を観たりも楽しく学べるので好きです。

 

 

👨Salvador Sobral 🎵Amar Pelos Dois

 

今回紹介する曲を歌っている『Salvador Sobral(サルヴァドール・ソブラル)』は、語学学校のクラスメイトが教えてくれました。ジャズをベースにポップスなどの要素を取り入れた音楽を作っているそうです。

 

そして、彼を一躍有名にしたのが、ポルトガル代表として出場した『Eurovision 2017(Eurovisão 2017)』というコンテスト。その映像を観て、すぐにファンになってしまいました❤️

 

まずはお聴きください〜 


Salvador Sobral - Amar Pelos Dois (Portugal) Eurovision 2017 - Official Music Video

 

Se um dia alguém perguntar por mim(いつか誰かが僕について訊ねたら)
Diz que vivi pra te amar(君を愛するために生きた男とでも言っておくれ)
Antes de ti, só existi(君に出会うまで、僕はただ息をしてそこにいただけだった)
Cansado e sem nada pra dar(疲れ果て、与えられるものは何もなかった)

 

Meu bem, ouve as minhas preces(愛しい人よ、僕の祈りを聴いて)
Peço que regresses, que me voltes a querer(お願いだから、戻ってきておくれ)
Eu sei que não se ama sozinho(ひとりでは愛を育めないってわかったんだ)
Talvez, devagarinho, possas voltar a aprender(きっと、時間をかけてまたやり直せるさ)

 

Meu bem, ouve as minhas preces(愛しい人よ、僕の祈りを聴いて)
Peço que regresses, que me voltes a querer(お願いだから、戻ってきておくれ)
Eu sei que não se ama sozinho(ひとりでは愛を育めないってわかったんだ)
Talvez, devagarinho, possas voltar a aprender(きっと、時間をかけてまたやり直せるさ)

 

Se o teu coração não quiser ceder(もし、君の心がまだ傷ついているなら)
Não só ter paixão, não quiser sofrer(情熱だけじゃなく悲しみも抱えているなら)
Sem fazer planos do que virá depois(この先のことなんて考えなくていいよ)
O meu coração pode amar pelos dois(僕の心がすべてを受けとめるから)

 

*日本語は私の解釈による意訳です

 

 

ポルトガル語の解説

 

ここからは、細かく歌詞を見ていきましょう。気になるフレーズや単語を解説します。

 

Conjugação - Presente(現在形)

 

ポルトガル語は、主語や時制により動詞を活用させます。この曲の歌詞で使われている現在形の動詞を紹介します。省略されている主語は[ ]で示しています。

 

  • [Eu] peço ([私は] 依頼する、訊ねる、懇願するなど)
  • Eu sei(私は知っている)
  • O meu coração pode〜 (私の心は〜できる)

 

  

meu(私の)、teu(あなたの)

 

「私の〜」、「あなたの〜」と所有を表現する時も、ポルトガル語では、男性名詞、女性名詞、単数、複数で、使う単語が変化します。

 

  • o meu pai(私の父)
  • a minha mãe(私の母)
  • os meus irmãos(私の兄弟たち) 
  • as minhas primas(私の従姉妹たち)
  • o teu carro(あなたの自動車)
  • a tua casa(あなたの家)
  • os teus livros(あなたの本)*複数形
  • as tuas canatas(あなたのペン)*複数形 

 

 

〜inho、inha(〜inhos、inhas)

 

ポルトガル語では、言葉の最後に「inho」とか「inha」をつけることがよくあります。小さくてかわいい様子や愛着のあるニュアンスを表したり、何かを強調したい時など、または理由なく使われるそうです。

 

歌詞の中に登場する「devagarinho」は、副詞「devagar(ゆっくり)」+「inho」。「talvez(たぶん)」と一緒に使うことで、照れ隠しのような、自信はないけど「きっと大丈夫」という願いが込められているような印象を受けました。

 

その他、ポルトガル人がよく使う表現は・・・

 

  • bocado → bocadinho(ちょっと、少し)
  • fofo → fofinho(かわいらしい)
  • cafe → cafezinho(コーヒー)
  • beijos → beijinhos(キス)*転じて親しい人への別れ際の挨拶にも使います
  • gato → gatinho(猫、子猫)*ブラジル人の友達は、かっこいい男性を「gatinho」、素敵な女性を「gatinha」と言っていました。発音はポルトガル🇵🇹の「ガティーニョ」に対し、ブラジル🇧🇷では「ガッチーニョ」ていう感じでした。

 

 

難関・・・人称代名詞ふたたび!

 

以前、少し触れた「人称代名詞」の位置がポルトガル語ではとってもややこしく、まだまだ、勉強中です・・・😭

 

再度、よく使う例を紹介しますね。

 

  • Como se chama?(お名前は何ですか?)
  • Chamo-me Jin.(じんと言います)

 

お分かりでしょうか・・・。通常、人称代名詞は動詞の後にハイフンで繋がれるのですが、「como」、「não」、「nunca」、「já」など、磁石ワードと呼ばれる単語があると、前に引き寄せられるというルールがポルトガル🇵🇹のポルトガル語にはあるのです💦

 

歌詞に使われているフレーズを紹介すると、

 

  • pra(para) te amar(あなたを愛するために)*単純に「あなたを愛している」は「amo-te」となりますが、磁石ワードの「para」があるため、語順が変化し、「para te amar」となっています。

 

 

その他、ポルトガル語🇵🇹について(↓)

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com