アズレージョな毎日

ポルトガル・リスボンから、移住、観光、食、人、文化などについて発信します

【リスボン】エクレア専門店でブランチ〜L'Eclair Patisserie Française

f:id:realtabimosotabi:20201012012536p:plain

ボンジュール!

 

今日は、リスボンにあるエクレアとフランス菓子の店を紹介します。店名は『L’Eclair(ザ・エクレア)』とそのまんまです。

 

はじめての出会いは昨年11月、『Time Out Market』でした。ショーケースに並んだカラフルなエクレアを見て、うれしくなったのを覚えています。

 

以来、ずっと本店に行ってみたいと思っており、1年近く経ってこの度やっと実現しました。

 

 

お洒落オフィス街にあります 

 

『L'Eclair』の本店は、メトロ『Saldanha』駅から徒歩1分。そして、この『Saldanha』界隈は、街並みもきれいなオフィス街で、活気がありお洒落なエリア。リスボンらしい観光地ではありませんが、地元の人が集うレストランやカフェがたくさんあります。

 

公式ホームページによると、この店のオーナーは、ポルトガル系フランス出身の男性二人。フランス菓子を広めるためポルトガルへ移住したとのこと。わかりやすく言えば、日系アメリカ人が日本でドーナツ屋さんを開く感じでしょうか・・・。

 

ポルトガル菓子は基本的にシンプルな黄一色なので、華やかなフランス菓子とは対照的です。

 

f:id:realtabimosotabi:20201012025651j:plain

ザ・エクレアの店!

 

f:id:realtabimosotabi:20201012025542j:plain

ゆったりとしたテラス席があります

 

f:id:realtabimosotabi:20201012030417j:plain

朝ごはんやクロワッサンなども提供しています

 

 

”朝ごはん”とエクレアのブランチ

 

友人と朝ごはんをシェア、エクレアと飲み物を1つずつ注文しました。本当はピンクのかわいらしいエクレアが欲しかったのに、今回ショーケースに並んでいたのは茶系の秋色一色。ホームページの写真(冒頭)のような色鮮やかなものは、春なのかな・・・。

 

そして、この店では希望に合わせて、ケーキやマカロンなど他のフランス菓子も作ってくれたり、ケータリングしてくれるそうです。

 

どれも美味しくて、久しぶりにとっても優雅な気分になりました。

 

f:id:realtabimosotabi:20201013024832p:plain

ケーキの一例(ウェブサイトより)

 

f:id:realtabimosotabi:20201013024918j:plain

今回のセレクションはこんな感じでした。ひとつ4〜5ユーロ

 

f:id:realtabimosotabi:20201013025430j:plain

Meia-de-Leite(カフェラテ)と Sant-Honore(シュークリームのエクレア)

 

f:id:realtabimosotabi:20201013025828j:plain

Tatin(りんごのエクレア)

 

f:id:realtabimosotabi:20201013025923j:plain

O pequeno almoço(朝ごはん):クロワッサンの玉子サンド、サラダ、スモークサーモン、アボカド

 

 

L'Eclair

総合評価: ☆☆☆☆

サービス:英語メニューあり

雰囲気:カジュアル、テラス席あり

価格:€(一人10ユーロ程度)

 

*総合評価について

☆☆☆☆☆:自信を持っておすすめ

☆☆☆☆:おすすめ

☆☆☆:まあまあ

☆☆:微妙

☆:自己責任でお願いします

 

詳細はこちら(↓)

 

 

ポルトガルのスイーツ(↓)

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

 

 

ポルトガルのコーヒーメニューを解説(↓) 

www.myeverydayportugal.com