アズレージョな毎日

ポルトガル・リスボンから、移住、観光、食、人、文化などについて発信します

【リスボン近郊】パブリックアートがあふれるコミュニティー〜Quinta do Mocho

f:id:realtabimosotabi:20210419235336j:plain

ボア・タルドゥ!

 

夫が「すごいところがあるねん!ちょっと遠いけど行ってみよう!」と急かすので、週末、リスボンの自宅からメトロとバスで片道1時間の「Quinta do Mocho」という街に行ってきました。

 

いや〜、すごかった・・・。パブリックアート?、オープンエアギャラリー? どう呼ぶのが正しいのかわかりませんが、 ヨーロッパでも最大級の壁画アートが溢れるコミュニティーです。

 

感動冷めやらぬまま帰宅、調べてみるといろんなことがわかりました。そして、リスボン・ストリート・アート界の二大巨塔、『Vhils』と『Utopia』の作品もあったのに、見逃してしまったことも発覚・・・。

 

それはもう、数え切れないほどの壁画があるので、隈なく鑑賞するには数時間かかるでしょう・・・。専門のガイドさんもいるらしいので、そのうち、再訪しようと思っています。

 

 

「Quinta do Mocho」とは・・・ 

 

「Quinta do Mocho」は、リスボン空港の北側、車で10分ほど、「Loures」という街の一角にあります。日本の公共団地のような趣きで、同じような建物が少なくみても30棟ほどはありそうなコミュニティーです。

 

広場に集まっていたり、道ですれ違うのはアフリカ系の人たちばかり・・・。明らかなよそ者に、アート目当てとわかっているのか、あまり気に留めていない様子・・・。

 

ここは、1970年代、ポルトガルの植民地だったアンゴラやモザンビークなどからの移民や元々住んでいた人々を受け入れるために建設された集合住宅。かつては、暴力やドラッグが蔓延する悪名高い場所で、外部の人は寄り付かず、陸の孤島だったそう・・・。

 

2014年『O Bairro/O Mundo』というフェスティバルの開催をきっかけに、コミュニティーは生まれ変わっていった・・・。世界中のアーティストを招き、壁という壁に作品を描いてもらい、ステージで音楽やダンスを披露してもらった。今では、数えうる限りで、67の作品を誇っている・・・

 

 参照した記事(↓)

A Decade of Change Part Two: Quinta do Mocho | Atlas Lisboa

Street art Lisbon — A beautiful open-air gallery called Quinta do Mocho

 

f:id:realtabimosotabi:20210420024716j:plain

一番最初に見える棟。この前を通り、コミュニティーの中へ入りました

 

f:id:realtabimosotabi:20210420024911j:plain

公道から団地の中に入ると、壁という壁にアートが施されています

 

 

ヨーロッパ随一の屋外ギャラリー

 

以下、写真を中心に紹介します。

 

アイデンティティーへの葛藤〜コミュニティー再構築へ

 

f:id:realtabimosotabi:20210420041941j:plain

最も印象深い作品のひとつ。「外の世界に出る時は、素性を隠さなければいけなかった・・・。でも今は違うわ」と、住人の女性が語っていたそう

 

f:id:realtabimosotabi:20210419235336j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420025136j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420041341j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420025436j:plain


  

女性を描いた作品

 

f:id:realtabimosotabi:20210420025100j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420025322j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420042034j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420163356j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420025418j:plain

 

 

子供を描いた作品

 

f:id:realtabimosotabi:20210420041206j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420041958j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210421151555j:plain


  

見覚えのあるアーティストの作品

 

f:id:realtabimosotabi:20210420025625j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420042100j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420042046j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420041303j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420025245j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420042015j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420041927j:plain

f:id:realtabimosotabi:20210420042119j:plain


私たちが鑑賞したのは、ざっと数えて30点くらいで、半分以上の作品を見ていないことになります。見逃してしまった巨匠たちの作品を彼らの公式ページで見つけたので掲載しておきます。

 

Vhilsの作品(↓)

www.vhils.com

 

Utopiaの作品(↓)

www.utopia-arts.com

 

 

場所の詳細はこちら(↓)

*「Oriente」から「RL310」というバスで15分。大手スーパー『Lidl』の前で降りて、徒歩6分です

 

 

その他、リスボン界隈のアートについて(↓)

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com