アズレージョな毎日

ポルトガル・リスボンから、移住、観光、食、人、文化などについて発信します

一度は味わってほしい!ポルトガルの素朴なデザート6選

f:id:realtabimosotabi:20200304025751j:plain

ボン・ディーア!

 

またまた食べ物の話です。2019年10月、ポルトガル・リスボンに来てから、外食のほとんどは近所の定食屋さんのポルトガル料理。お母さんの味みたいで飽きないし、懐にも優しいのです。 

 

行きつけの店のランチ定食は、ワイン、デザート、コーヒーが付いて7.50〜8.50ユーロ。セットメニューがないところでも、デザートは2ユーロ程度と格安です。

 

そこで今回は、ポルトガル料理屋さんで定番のおすすめデザートを紹介します。

 

ローカルなレストランを楽しみたい方はこちらの記事もどうぞ(↓)

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

www.myeverydayportugal.com

 

 

 デザートなしでは食事は終わらない!?

 

ランチで散々ワインを飲んだ後、デザートとコーヒーをいただくのがポルトガル流。

 

レストランでも必ず「Sobremesa?(デザートは?)」と訊かれます。そして、ローカルな定食屋さんのほとんどが、入り口付近のショーケースまたは冷蔵庫にデザートを陳列してあります。

 

メニューなどなく、口頭でデザート名を言われるので、最初の頃は、ショーケースの中の好きなものを指差して注文していました。

 

慣れてくると、どの店にも大概置いてある定番のデザートがあることがわかりました。

 

 

1. Doce da Casa(ドス・ダ・カーザ)

 

Doce da Casa(ドス・ダ・カーザ)」を直訳すると、「ハウス・デザート」。その店のオリジナル・デザートかと思いきや、基本となるレシピがあるれっきとしたデザート名でした。

 

店によってアレンジは変わりますが、クッキー、ミルク、コンデンスミルク、生クリームなどを使った甘い、あまーいデザートです。昭和の味的懐かしさがあります。

 

一時期、これにハマり、各店の「Doce da Casa」を食べくらべていました。今でも、迷った時は、これを頼みます。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304033529j:plain

初めて食べた「Doce da Casa(ドス・ダ・カーザ)」。クッキーを砕いたものに、コンデンスミルクのような甘いソースをかけたシンプルなもの。その素朴な美味しさにハマりました

 

f:id:realtabimosotabi:20200304034052j:plain

2番目に食べたもの。チョコレートとミルクムースが層になっていて感動しました

 

f:id:realtabimosotabi:20200304034213j:plain

これが今のところ1番のお気に入り。生クリームとクッキーの割合がちょうどよく食べ応えがあります!

 

f:id:realtabimosotabi:20200304034408j:plain

ちょっとお洒落なパフェ風のもの・・・。食べ比べるのが楽しいです

 

 

2. Mousse de Chocolate(ムース・ドゥ・ショコラットゥ)



Mousse de Chocolate(ムース・ドゥ・ショコラットゥ)」は、名前のまま。ドス・ダ・カーザを置いていない店でも、このチョコレート・ムースは大概の店にあるほど、定番中の定番。みんな大好きなんでしょうね。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304035233j:plain

いつも行く店のもの。甘いですが、赤ワインにも合います

 

f:id:realtabimosotabi:20200304035319j:plain

こちらはプリン感が強いタイプ

 

 

3. Pudim(プディン)

 

こちらもご察しの通りプリンです。ポルトガルのものはドーナツ型が定番のようです。注文すると切り分けてくれますが、大きさがまちまちなのはご愛嬌・・・。こちらも外れなし、安定の美味しさです。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304035851j:plain

スペイン語圏では「Flan(フラン)」です

 

 

4. Molotof(モロトフ)

 

こちらは、空気が80%くらいのプリン。主な材料が卵白と予想されます。お腹いっぱいでもさくっといただけるデザートです。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304040811j:plain

見た目は大きくても、シュワっと食べられちゃいます・・・

 

 

5. Mousse de Manga(ムース・ドゥ・マンガ)

 

こちらはマンゴームース。自然な酸味があるので、さっぱりします。いつもランチでいただく赤ワインやコーヒーとあまり相性が良くないと思っているので、オーダーすることはほとんどありませんが、単体では大好きです。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304041459j:plain

甘党じゃない人にもおすすめ

 

 

6. Baba de Camelo(ババ・ドゥ・カメロ)

 

ラクダのよだれ」という名前が印象的。コンデンスミルクと卵、アーモンドで作るムースのようなクリームのようなデザートです。一度しか食べたことがありませんが、こちらもすごく甘かった記憶があります・・・。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304042439j:plain

甘いけど、食感が軽くて食べやすかったです

 

 

番外編

 

その他、今まで食べたデザートです。

 

f:id:realtabimosotabi:20200304042704j:plain

Maçã Assada no Forno(マサァ・アサード・ノ・フォルノ)。りんごのオーブン焼き。寒い冬に食べたい一品

 

f:id:realtabimosotabi:20200304042904j:plain

Tarte de Amêndoa(タルト・ドゥ・アメンドア)。アーモンドのタルト。香ばしくて赤ワインに合います

 

f:id:realtabimosotabi:20200304043104j:plain

Doce de Cafe(ドス・ドゥ・カフェ)。夫のお気に入り「コーヒームース」。こちらは定番じゃないかも・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20200304043243j:plain

Serradura(セハドゥーラ)。ビスケットを砕いて粉になった様子から「おがくず」という名前が付いたそう。味は「Doce da Casa」に近い感じ・・・

 

 

どれも素朴で懐かしい味わいのものばかり。日本の洗練されたデザートも美味しいけれど、たまにはこういうのもいいですよ!