アズレージョな毎日

ポルトガル・リスボンから、移住、観光、食、人、文化などについて発信します

【アソーレス諸島】大自然に囲まれ温泉三昧〜後編

f:id:realtabimosotabi:20211003072601j:plain

ボア・タルドゥ!

 

はじめてのアソーレス・サンミゲル島への旅。事前の下調べはほとんどしませんでした。友人たちの助言を元にGoogleマップに3か所ほどマークしていたくらい・・・。

 

一緒に旅してくれたみんなのリサーチのおかげもあり、気がつけば4か所も温泉を楽しむことができました。

 

サンミゲル島には、観光バスが走っており、ツアーに参加するのもありですが、レンタカーの方が効率よく好きなところに行けると思います。

 

今回は、残り2つの温泉を紹介します。

 

www.myeverydayportugal.com

 

 

Parque Terra Nostra

 

こちらは、一見、ただの庭園。知らなければ通り過ぎてしまうような、さりげない佇まいの門です。私たちも入り口がどこかわからず、併設するホテルのスタッフに教えてもらいました。

 

午後は混み合うことが予想されたので、開園時間をねらって到着。10分ほど門のところで待ち、開門と同時に入りました。

 

入場券を買って園内へ。不安になるほど、普通の公園です。もちろん、島らしい植物が生息していてきれいではあります。

 

橋を渡った先に、大きな茶色い池?沼?みたいなものが、どーんっと現れます。人々はその周りにあるベンチを陣取り、水着になり、そろそろと水の中に入っていきます。そう、ここが温泉。どこかシュールな光景です・・・。

 

お湯は少しぬるめ。気温が24度くらいだったので、寒くはありません。深さは150センチと表示されていますが、中心部はもっと深く、私はつま先立ちで顔がやっと出るくらいでした。色を見ればわかるように、白い水着や白い服などは避けた方がいいです。

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044529j:plain

ありきたりな公園のゲート。まさかこの中に温泉があるとは・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044549j:plain

実はとても大きな公園。でもほとんどの人のお目当ては黄色のエリア

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044604j:plain

10時半の開門と同時に園内へ。ここで入場券(8€)を買います

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044619j:plain

普通の公園にしか見えない・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044636j:plain

どこに温泉があるの?と不安になりつつ・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044653j:plain

すぐにでっかい温泉沼がありました!

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044714j:plain

どこかシュールな光景です・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044732j:plain

沼の周りにあるベンチやこんなのの周りに荷物を置いて温泉に入ります

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044746j:plain

鳥たちもあったかい水辺でのんびり

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044800j:plain

入浴後は服に着替えてから園内を散歩しました

 

f:id:realtabimosotabi:20211005044825j:plain

リスボンとは全然違う景色、なかなか素敵です

 

 

詳しくはこちら(↓)

 

 

Centro de Interpretação Ambiental da Caldeira Velha

 

最後の1つは、最終日のフライト直前に訪れました。2日前にウェブサイトでチケット購入が必要だと知り、ギリギリ手に入れることができました。入場のみは3ユーロ、入浴付きは8ユーロで、どちらも2時間の時間指定(9時半〜11時半、11時半〜13時半、13時半〜15時半、15時半〜17時半のいずれか)があります。

 

ちなみに駐車場はゲートの少し先を曲がった下方にあります。私たちはちょうど人数分残っていた13時半〜のチケットを購入しており、13時少し前に到着。時間前に公園内には入場できるかと思いきや、30分前からの案内とのことで少し外で待ちました。かつ終了時間までにシャワーなどすべてを完了して園外に出なければならないとのこと。

 

こちらも温泉施設というより、自然公園といった感じ。前編で紹介した『Poça da Dona Beija』のスケールを大きくして、よりジャングル感を強くしたイメージです。

 

とはいえ、トイレ、シャワー、ロッカー完備。“露天風呂”が4つ、うち3つはおそらく38〜39度くらい、残り1つは冷水でした。それぞれが少し離れていて、私たちが訪れた時は小雨が降っていたので、お湯から上がると少し肌寒かったです。

 

しかしながら、大自然の中でお湯に浸かるという開放感がとても気に入りました。

 

f:id:realtabimosotabi:20211006014335j:plain

小雨の中、駐車場から階段を上り、ゲートに向かいます

 

f:id:realtabimosotabi:20211006014415j:plain

道を挟んだフードトラック&お土産屋さんの前で時間まで待たせてもらいました。時間になると手招きしてくれ、チケットを確認、カラーバンドを渡されました。入浴エリアでは、腕につけたバンドの色でチケットの有無と制限時間を確認しているようです

 

f:id:realtabimosotabi:20211006014608j:plain

ロッカーを借りる場合は、こちらでの鍵をもらいます。ロッカーは坂道を上った少し離れた場所にありました

 

f:id:realtabimosotabi:20211006014804j:plain

こちらは源泉?60度以上あるので入ることはできません・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211006014905j:plain

ロッカーから露天風呂へ向かいます

 

f:id:realtabimosotabi:20211006014944j:plain

露天風呂はこんな感じ。森の中でマイナスイオンたっぷり・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211006015213j:plain

みんな気持ちよさそう・・・。もちろん、人数制限あり。ほとんどがほぼ満員でした・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211006015330j:plain

ここだけはいつもがら空き。なぜなら冷水だから・・・滝行ごっこもできます。最初は冷たいけど、首まで使ってしまうとなんのことはない・・・。もちろん、その後、温水へ入り直しました

 

f:id:realtabimosotabi:20211006015532j:plain

ふと空を見上げてみる・・・小雨が続いています。でも気持ちいい・・・

 

f:id:realtabimosotabi:20211006015608j:plain

時間ギリギリまで温泉を楽しみ、外に出てから向かいのフードトラックで1杯。もうすぐ、リスボンへ帰ります・・・。また来たいな

 

 

詳しくはこちら(↓)